〒949-8407
新潟県十日町市田中ロ468番地1
TEL:025-763-2111
FAX:025-763-2870
E-Mail:kamimura@mail.tiara.or.jp



[ レインボートップ ] [ 上へ ]

 

〜パワーリハビリテーション〜
パワーリハビリテーションの手順
申し込み書・同意書の記入 パワーリハビリテーションの実施にあたり、お申し込み書と同意書を記入していただき、また掛かりつけの医師から意見書を作成していただきます。

 

次にご本人が受けました介護度や現病歴及び体力測定の結果をもとに実施する運動プログラムを作成します。


当施設で実施致しますパワーリハビリテーションは、1回の期間を3ヶ月としています。頻度は個人によって異なりますが、凡そ1〜2回
/週となります。期間中における進行状況によって運動プログラムは随時変更していくことになり、負荷設定の変更が運動機能の向上を計る目安ともなります。

 


3ヶ月間の運動が終了した時点で再度体力測定と結果に基づく評価を行います。

医師の意見書
問診・体力測定
運動の実施(3ヶ月間)
体力測定・評価

運動プログラムの例

75歳男性の場合〜

プログラムの考え方
・使っていない神経筋システムの活性化
・姿勢安定の活性化
・身体の調整力を重視

運動強度の設定
・動作を覚えるまでの期間は軽負荷にて実施
・主観的な感覚が「楽」と感じる負荷を設定
・低負荷での反復(10回を1〜3セット)
・頻度 週2〜3回

項 目 重 さ 回 数 セット数
準備体操
チェストプレス(胸の筋肉) 2.5s 10回 2セット
トーソフレクション(腹筋) 2.5s 10回 2セット
レッグプレス(脚の筋肉) 5.0s 10回 2セット
整理体操

 パワーリハビリテーションの運動プログラムは「安全」で「効果的」を主眼として作成いたします。
 声を出して、本人が「楽」と感じる負荷設定が運動のポイントです。また、続けていく段階で重さや回数、セット数が物足りないと感じてきたら運動効果が現れてきた証拠です!そこから改めてプログラムを見直していきます。
まずは、マシンに慣れながら気楽に行うことからはじめていきます。

『楽しく続けられる運動』がプログラムの基本です!

このページトップに戻る